時代と共に登場してくる新しいSNS、皆さんはどんなSNSを使っているでしょうか。同時にSNSに関する検索、Tiktok サブスク 解除方法やSNSで収益化する方法など様々なSNS関連の検索がされています。今回は中でも話題となったスレッズの機能に関してご紹介します。

Threads(スレッズ)とは

Threads(スレッズ)は、世界的に有名なSNS「Facebook」「Instagram」を運営するMeta社が運営するSNSで2023年7月6日にサービスが開始されました。登場当時は新世代SNSとして注目を集め大いに盛り上がったことも記憶に新しいのではないでしょうか。スレッズは簡潔なコミュニケーションと情報共有に特化していることからX(旧Twitter)への対抗馬だったのではないかとも噂されています。

Threads(スレッズ)の基本的な特徴

スレッズの基本的な特徴として、投稿することをPost(ポスト)という表現をします。一つのポストで最大500文字・画像は10枚まで、動画は最大5分間投稿することができ、X(旧Twitter)の最大140文字・画像は4枚、動画は最大2分20秒と、似ているようでXの上位互換のような性能が特徴的といえます。その他、Instagramではできなかった直リンクが可能になったのも大きな特徴となるのではないでしょうか。

Threads(スレッズ)足跡機能について

SNSで気になる機能の一つが足跡機能ではないでしょうか。気になるユーザーをチェックしたいけどあまり頻繁に閲覧していると気持ち悪く思われていないか心配になる人も多いと聞きます。スレッズの足跡については2024年6月現在ではありません。もちろん、何かしらのアクションをしてしまったら相手に気付かれるので、閲覧するだけ、チェックするだけが目的なのであれば下手なアクションはしないほうがいいかもしれません。

気になるThreads(スレッズ)の評価は?

1日足らずで3,000万人以上ものユーザーが登録したSNSとしてニュースにもなったスレッズですが、実際の今の評価としてはどうなのでしょうか。ClubHouse(クラブハウス)も登場時には大きな話題となりましたが現在使っている人はどの程度いるのか、最近では全く耳にすることがなくなりました。スレッズはX(旧Twitter)の対抗馬のような存在で注目を集めましたが、結論としてあまり好評とはいえないようです。大きな理由としてはXに似たような性能が挙げられるようでした。

X(旧Twitter)を意識しすぎた?

Xの上位互換のような性能のスレッズですが、結局最初だけでその後の盛り上がりには欠ける印象でした。その理由はX(旧Twitter)を意識しすぎた上位互換の性能にあるようです。文字数が大きく上昇し書きたいことは多く書ける一方で、逆に長すぎて伝わらにくいというのがあるようです。Xのように簡潔に書いたほうが印象を残しやすい、量が多くなればいいというわけではなかったようでした。

まとめ

ついにX(旧Twitter)の時代から移るとまで話題になっていたスレッズ、実際にサービス開始されてからもうすぐ1年となりますが、あまり話題にならなくなってきました。スレッズが登場した月は爆発的人気でしたがそれ以降は静かなものでした。しかし、最初の爆発的な人気はないものの徐々にユーザー数が増え続けているようで、利用人数が増え、新たな機能が追加されたらまだまだわかりません。今後のスレッズの情報はまだまだ注目する価値がありそうです。