シグナルのスペシャルドラマはいつ放送?2021年には映画も公開予定

20184月〜6月に関西テレビで放送されたドラマ「シグナル」

 

好評のまま最終回を迎えましたが、スペシャルドラマ化が決定しました。

 

さらに2021年には映画化も予定されています。

 

今回は

・スペシャルドラマはいつ放送されるのか?

・2021年の映画化

 

についてご紹介します。

 

「シグナル」のスペシャルドラマはいつ放送?

 

「シグナル 長期未解決事件捜査班」のスペシャルドラマが放送される事が決まりました。

 

ですが、今のところ放送日は2021年に放送される事しか発表されていません。

 

放送日についてはわかり次第、追記させていただきたいと思います。

 

さらに、スペシャルドラマはタイトルが「シグナル()」となっていて、まだタイトルも発表されていませんでした。

 

前作である連続ドラマの「シグナル」は、現在を生きる主人公の刑事・三枝健人(坂口健太郎)の物語でした。

 

三枝は、謎の無線機で同じ事件を追う過去を生きる刑事・大山剛志(北村一輝)と出会います。

 

そんな過去現在を生きる2人が、過去を変えれば現在の被害者を救うことができると気付きます。

 

そんな2人がトランシーバーを通じてタッグを組み、様々な未解決事件を解き明かしていくミステリー系の連続ドラマでした。

 

スペシャルドラマも同じ雰囲気のドラマになりそうです。

 

スペシャルドラマの内容

スペシャルドラマの内容としては、原作の中でも特に人気の高かったエピソードが放送されるそうです。

 

雰囲気は連続ドラマと同じだと思いますが、連続ドラマの続きという感じではなさそうです。

 

ちなみに、スペシャルドラマも連続ドラマと同じ関西テレビでの放送となります。

 

キャストについての発表は坂口健太郎さん以外されていませんが、北村一輝さんや吉瀬美智子さんなどのメインのキャストは変わらないと思われます。

 

「シグナル」が待望の映画化!

 

人気のまま終わってしまった連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」

 

最終回が終わると、続編を熱望される方が多かったです。

 

そんな「シグナル」が、2021年に「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」として映画化されて帰ってくることが決定。

 

物語は、原作にないオリジナルストーリーによる新作のようで、連続ドラマ後のエピソードとなります。

 

連続ドラマの最終回は、健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)が、現在の大山(北村一輝)のもとへ向かうというシーンで終わってしまいました。

 

謎が多い終わり方だったため、続編があるのではと期待されていました。

 

そして、続編が映画化として帰ってくることは、熱望されていたファンからしたら、とても嬉しいお知らせですね。

 

坂口健太郎さん自身は、映画化に対して『「アクションシーンで肉体を使ったキャラクターの強さを出す」という自分の中でも経験したことのない新しい挑戦をします』と発言されています。

 

さらに、監督の橋本監督は「今回は三枝健人(坂口健太郎)がボロボロになる姿を見せたい」、「身も心もボロボロ、満身創痍になった坂口君の晴れ姿、お楽しみに!」との発言もされています。

 

この事からも映画版は、激しいアクションシーンが予想されます。

 

連続ドラマとはまたひと味違った「シグナル」が映画では観られるのかもしれませんね。

 

連続ドラマについてはこちらの記事で紹介しています。

ドラマ「シグナル」坂口健太郎主演!あらすじから映画化&スペシャルドラマ化

公開日は?

 

現在のところ映画についても、2021年に公開されるという情報だけが発表されています。

 

ですが、スペシャルドラマに合わせて映画も公開されるとのことで、同時期の公開になるようです。

 

ちなみに、キャストについては主演の坂口健太郎さん以外は発表されていません。

 

連続ドラマ後のエピソードとのことなので、ドラマに引き続き北村一輝さんや吉瀬美智子さんなどのメンバーは変わらず出演されるものかと思います。

 

まとめ 

「シグナル 未解決事件捜査班」のスペシャルドラマ&映画化について紹介させていただきました。

 

今のところ2021年公開という事以外の発表はされていないようです。

 

詳しい公開日や、放送日についてはわかり次第追記させていただきます。

 

内容についてはスペシャルドラマは、原作で人気のあったエピソードが放送され、映画は連続ドラマの続きの物語が上映されることとなっています。

 

これを機に予習として、連続ドラマを見返して観てもいいかもしれませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。