エール 朝ドラ 志村けん 代役

2020年3月30日から2020年
前期の朝の連続テレビ小説
エール』が始まりました!

 

前期の朝ドラが始まると、
年度の始まりを感じて、
新たな気持ちで晴れやかに!
という気持ちになるはずなんですが、

今年はコロナウイルスの関係で
気持ちが盛り上がらない方も
多いかもしれませんね。

 

そんなエールの初回の日に
コロナウイルスで入院中だった
志村けんの訃報が伝えられました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

エール(朝ドラ)の志村けんの代役は誰?

志村けんさんはエールで
朝ドラ初出演が決まり、
2019年12月からの撮影に
すでに参加し、3月6日の撮影が
最後となってしまいました。

エールの公式Twitterによると
志村けんさんが参加されたシーンは
そのまま放送とのことです。

 

このことは視聴者も望む声が
多かったので、良かったですね。

 

しかし志村さんが撮影に
参加できないシーンは
今後なくなるのか、代役が
立てられるかはまだ未定
とのこと。

 

出演シーンをなくす可能性も
あるみたいですが、結構重要な
役どころだと思うんですよね?

 

 

エール(朝ドラ)の志村けんの役どころは?

志村けんさんの役どころは
窪田正孝さん演じる主人公・
古山裕一が幼少期から憧れて
いる大御所作曲家の小山田耕三役。

 

窪田正孝さんが演じる
古山裕一は高校野球の大会歌や
阪神タイガースの六甲おろし、
東京オリンピックのオリンピック
マーチを作曲した古関裕而がモデルで、

志村けんさん演じる小山田耕三は
山田耕筰がモデルだと言われています。

 

音楽にも詳しく大好きだった
という志村けんさんにとって
音楽に関わる役柄はとても
大きな経験だったでしょうね。

 

それにしても山田耕筰がモデルって
めちゃめちゃ重要な役どころ
ですよね?

 

主人公に大きく関わる人物なので
出演をなくすというのも寂しい
気がします。

 

代役でも小山田耕三という役は
大事な役として出演し続けて
ほしいですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

エール(朝ドラ)の志村けんの初登場は何話?

すでに収録が終わっている
志村けんさん演じる小山田耕三の
初登場シーンは4月27日から始まる
第5週の第25回(5月1日放送)です。

 

モデルの古関裕而は小学生時代から
作曲を始めていて、商業学校を卒業
してから山田耕筰の事務所に楽譜を
郵送していたという背景があるので、

志村けんさん初登場のシーンは
窪田さん演じる古山裕一の
学生時代くらいになるでしょうか。

 

すでに作曲家、指揮者として
活躍していた小山田耕三を
演じているんでしょうね。

 

追悼の意味を込めて、
志村けんさんの演技を
しっかりと目に焼き付けて
おきたいと思います。

 

【スポンサードリンク】