台風10号2019のヨーロッパ進路予想がヤバイ!関西と関東への影響はいつ?

台風10号 2019 ヨーロッパ



台風8号が九州を縦断し
影響を与えている最中、
台風9号が発生して沖縄に
接近、さらに『台風10号』の
卵まで現れました。

 

 

8月は台風が最も多く
発生する時期ですが、
こうも次々に台風がやって
くると、お盆休み前だし
心配ですよね。

 

 

お盆休みに影響を与えそうあ
台風10号がどんな動きをするのか
調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風10号2019のヨーロッパ進路予想がヤバイ!

6日午後3時に熱帯低気圧が
台風10号になりました。

 

台風10号(15日7時現在)
名称:クローサ
現在地:足摺岬の南西約60km
進行方向:北
速さ:20km/h
中心気圧:975hPa
中心付近の最大風速:30m/s
最大瞬間風速:45m/s

 

 

基本的に、気象庁とアメリカの
予想が似た感じになっていますね。

 

 

米軍の進路予想によると

 

台風10号 2019 米軍

 

お盆休みに直撃か?と
思われていましたが、
お盆休みの終わりから過ぎた
ぐらいに近づいてくると
思われます。

 

 

海上で停滞している時間が
長いので、温かい水温の
影響もあり、かなり発達した
状態で日本列島に近づく恐れが
あります。

 

 

ヨーロッパの予想を見て
驚いたのが、11日、12日頃までは
朝鮮半島付近に台風9号があって、
日本列島の南に台風10号が
近づいてきていて、
日本がちょうど台風に挟まれて
いるんですよね。

 

台風10号 2019 ヨーロッパ 11日

 

二つの台風が影響し合って
どう動くのかがはっきりと
しないというのも困った
ところ。

 

 

台風9号の直接的な影響は
本州にはありませんが、
台風9号があるせいなのか、
台風10号が進んだと思えば
ちょっと後退したりもしていて
影響がないとは言えませんね。

 

 

ヨーロッパの予想によると
14日に四国の南に近づき、

台風10号 2019 ヨーロッパ 14日

 

 

15日に最も四国に影響を
与えそうです。
そのまま中国地方も縦断して
日本海に抜ける予想になっています。

台風10号 2019 ヨーロッパ 15日

 

 

テレビで台風情報を見ていると
台風10号は東日本の太平洋沿岸を
進んでいくのではないか
みたいに言われていたので、
全然思ってたのと違う感じに
なってるやん!と。

 

 

私は関西住みなので、
どうしても東の方に行ってくれると
安心しちゃうんですが、
どうも台風10号の動きがわかりません。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風10号2019の関西と関東への影響はいつ?

発生直後の予想とは変わり、
東日本よりも西日本全体に
影響を与えそうな予想です。

 

 

九州、四国、中国地方は
直撃となる恐れがありますが、
実は台風って、進行方向の
東側、右側に強い雨風が
発生すると言われています。

 

 

台風10号は長い時間
温かい海水の上を停滞し、
力を溜めて動き出したので、
勢力が強いまま日本列島に
近づき、しかもかなり大型の
台風となっています。

 

 

大型ということは広い範囲に
影響を与えるということ。

 

 

九州四国地方の東側でも、
雨風が強くなる恐れが
あるので、近畿地方や
東海地方でも警戒が必要
だと思われます。

 

 

詳しくはこちらの記事に
まとめています!

台風10号2019のアメリカ最新進路予想で大阪への影響を考えてみた!

 

 

【スポンサードリンク】




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ