大阪市 10万円給付 いつ

国民一人につき10万円が給付される
特別定額給付金』。

 

全国で申請開始日は様々で、
4月末から対応していたところも
あれば、5月1日からというところも
多かったかな?

 

大阪市は5月22日に申請書類が
郵送されて…みたいな流れで
全国的にも遅い!と思っていたけど、
人口が多いから仕方がない…と気を
紛らわせつつ…

 

でも結局給付はもっと遅い!?
どうなってるの?

 

【スポンサードリンク】

 

大阪市の10万円給付はいつ入るの?

はい、私は大阪市民です!
住民票は大阪市、実家に書類は
届くけど、両親とは世帯別です。

 

5月20日過ぎ?には実家に
申請書類が届いていましたが、
書類が手元に来たのは5月の終わりでした。

 

でも、すぐに書類を書いて
6月1日には投函したんです。

 

ちなみに実家の両親は書類が
届いてすぐに出したそうなので、
私よりも10日くらいは早かったかな。

 

両親はいつ振込がされるのか、と
こまめに記帳しに行っています(笑)

 

6月に入ってもまだ。
会うたびにまだかまだかと
聞かされていました(笑)

 

そう言われると私も気になっちゃって。
普段よりも6月中に記帳しに行った
回数は多かったですね(笑)

 

結局7月に入っても振込は
されていません。

 

そんなかかってたら給付の意味
なくない?

 

本当に生活に困っている人を
助ける気があるのか?と思って
しまいます。

 

どうやら、大阪市の10万円の給付率は
10%ほどなんだそう…

 

全国的には70%近く、
同じ関西でも神戸市は90%以上ですよ。

 

大阪市のシステムにも問題が
あるらしいのですが、
とりあえず、6月中の申請分は
7月中に給付率90%以上
を目指すと松井大阪市長は
言っています。

 

5月中に申請した人もまだ
振り込まれてないですけどね(笑)

 

東京都知事選の応援してる
場合じゃないですよー

 

まずは大阪市のことをちゃんと
してください。

 

 

大阪市の10万円給付の振込が遅い理由!

大阪市の10万円給付がこれほど
までに遅い理由がめちゃめちゃ
情けなくて、大阪市民として
笑うしかない状態です。

 

人員不足

作業する方々は、一日3万件処理するぞ!
と意気込んでいたものの、3週間で110万件
以上の申請があり、てんやわんや。

 

現在は300名動員していたのを
600名に倍増して作業にあたっている
とのことです。

 

 

オンライン申請の入力ミス

オンライン申請という、今回初めての
試みで、作業をする側はもちろん慣れない
作業で戸惑いも大きかったですが、

申請する市民にも入力ミスがかなり
多かったとのことです。

 

そのミスに対応するのに
かなり時間を要している
というのも大きいみたい。

 

岡山市ではそもそもオンライン申請は
しない!という選択肢を最初から
取っており、スムーズな給付が
実現したそうですよ。

 

人口にもよると思いますが、
使い方によっては電子化も
便利なようで便利じゃない
ということでしょうか。

 

【スポンサードリンク】

 

電子化に対応していなかった

申請をスムーズに処理するために
情報の入力とか?電子化を進めて
いたそうなんですが、

申請が始まった時点でまだそれに
対応できていなかったというのが
もう呆れる話(笑)

 

電子化を行うのに、コンセントが足りずに
電気工事からしなければならなかった
とか意味がわかりません(笑)

 

それで作業を開始するのに
10日遅れました。

 

作業員の意気込みとは裏腹に
まず作業できないという状況、
なぜ申請開始前に確認して
設備を整えておかなかった?

 

松井市長は「甘く見ていた」
だそうですが、人口が多いんだから、
スムーズに対応するために
絶対事前にわかっていたことでしょうに。

 

これはもう、本当に忘れた頃に
振り込まれるのを待つしかない…

 

【スポンサードリンク】