マイナポイント 楽天カード 楽天ペイ

消費増税対策として行われて
いたキャッシュレス決済での
ポイント還元が2020年6月30日で
終了します。

 

かなり恩恵を受けていた方も
多いと思うので、終了はとにかく
悲しい!

 

そんな中で新たに始まるのが
マイナポイント』。

 

マイナンバーカードとキャッシュレス決済
を紐づけることによって、最大5,000円分
のポイント還元があるのです!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

マイナポイントは楽天カードと楽天ペイどっちが得なの?

マイナポイントは2020年7月1日から
申し込み手続きが始まり、

2020年9月〜2021年3月の間で
キャッシュレス決済で買い物した
金額の25%がマイナポイントとして
還元されます。

 

その最大ポイントが5,000円分
となっているのです。

 

 

マイナポイント手続きの3ステップとは?

最大5,000円分のポイントを
ゲットするには、簡単に3ステップ
で完了します。

 

①マイナンバーカード取得する
②マイナポイントを予約する
③7月1日からのマイナポイントを
申し込み、9月から買い物をする

 

 

①マイナンバーカード取得する

マイナポイント最大5,000円分を
もらうためにはまずはマイナンバーカードを
申請し、取得しないといけないのです。

 

マイナンバーカードの普及率が
あまり良くないという意味でも
始められた政策なんでしょうね。

 

しかし、マイナンバーカードは
申請から取得するまで
1ヶ月以上かかると言われているので
マイナポイントを利用したいと思って
いる方はお早めに!

 

 

②マイナポイントを予約する

予約というのが個人的にはよく
わからなかったのですが、
国の予算が限られているから
先着順?なので予約が必要
ということなのかな?

 

ちなみにこの予約というのは
2020年4月から始まって
いたみたいです!

 

コロナ禍でそれどころじゃなかった
ですよね(笑)

 

この予約をするには
スマホであればアプリ、
パソコンであればソフト
必要です。

 

マイナンバーカードの
ICチップを読み取る必要が
あって、スマホでも読み取りに
対応していない機種があったり、

パソコンで操作する場合は
ICカードリーダーが
必要になったり…

 

あー、もうこの時点で私は
めげそうですが(笑)

 

ICカードリーダーとはこのような
ものなんですが、

対応OSやカードの種類も
違ったりするので、しっかりと
確認して購入しましょう。

 

スマホやパソコンでのやり方に
不安があるという方は
市役所などに設置されている
支援端末で予約と申し込みを
することができます。

 

 

③7月1日からのマイナポイントを
申し込み、9月から買い物をする

この申し込みで、どのキャッシュレス決済を
使うかを選択します。

 

このキャッシュレス決済の
サービスによって、マイナポイントの
25%の還元+αのポイント還元が
あったりするのが悩ましいところなんです!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

マイナポイントは楽天カードと楽天ペイどっちが得?

前置きが長くなりましたが
今回は楽天カードと楽天ペイ
について調べてみました。

 

これは完全に個人的に、マイナポイントを
申し込みするならどちらかだなーと
思って気になったからです(笑)

 

とにかく使えるキャッシュレス決済の
サービスの種類が多いんですよね。

 

で、それぞれのサービスで
+αのポイント還元額が違ったり
するし、もしかしたら申し込みが
始まってからもっとお得なサービスが
出てきたりするんじゃないの?
なんて思ったり。

 

とにかく今回は楽天についてですが、
ズバリ、お得なのは楽天ペイです。

 

ただし条件があります。

 

楽天カードを使って楽天キャッシュに
チャージして楽天ペイで買い物をする
ことです。

 

それによって、
マイナポイントの25%
+楽天カードのチャージポイント0.5%
+楽天ペイの利用ポイント1%

26.5%

という還元率になります。

 

楽天カードでの支払いなら
楽天カードの利用ポイントの
1%のみになるので26%の還元率。

 

詳しくはこちらのページ
記載されていますよ♪

 

ほんの0.5%の違いですが、
どちらが得かと言えば
楽天カードで楽天キャッシュに
チャージして楽天ペイを使って

買い物をする
というのがお得になりますね!

 

でもホント、他のサービスでも
還元率が違ったりするので、
自分が持っているカードや
よく使う決済方法などしっかり
確認するのがおすすめです!

 

【スポンサードリンク】