瀧川鯉斗 若い頃

落語家、元暴走族総長、モデル?
などの一風変わった肩書を持つ
瀧川鯉斗』さん。

 

イケメン落語家として女性からは
もちろん人気で若い世代にも
落語を楽しんでもらうために
活動しています。

 

爽やかなイケメンで、暴走族だった
なんてちょっと信じがたいですよね(笑)

 

瀧川鯉斗さんについて
気になることを調べてみました!

 

 

 

 

瀧川鯉斗の身長や若い頃とモデル画像!

この投稿をInstagramで見る

 

久しぶりに仕事着を着ました!🤞

瀧川鯉斗(@koitotakigawa)がシェアした投稿 –

瀧川鯉斗さんは
1984年1月24日生まれの
現在36歳です。

 

東京生まれですが、
愛知県名古屋市で幼少期を
過ごしているため、出身地は
愛知県としています。

 

2002年、18歳の時に
現在の師匠の落語独演会を
見て、落語に魅了され、
弟子入りしました。

 

 

瀧川鯉斗の身長は?モデル画像も!

瀧川鯉斗さん、目力のある顔の濃い
イケメンですよね。

 

着物姿ももちろん素敵なんですが、
やはり顔立ち的に洋服の方が
似合うかな?

 

何か、普通にファッションモデル
みたいなんですよね!

この投稿をInstagramで見る

 

フイナム・サングラス・クラブの撮影時! #HOUYHNHNM

瀧川鯉斗(@koitotakigawa)がシェアした投稿 –

 

しかも身長も182cmある
ということなので、本当に
モデルとしてもやっていけそうな
感じです。

 

VOCEに掲載されたことも!

この投稿をInstagramで見る

 

本日発売の VoCE2月号に瀧川鯉斗1ページ中にいますのでよろしく!!🙌🙌🙌 #VoCE#落語家

瀧川鯉斗(@koitotakigawa)がシェアした投稿 –

 

爽やかですよね。
こうやって落語とは全く違う
ジャンルではありますが、
落語を若い世代に広めるための
手段として、どんどんモデルとか
やったら良いと思う!

 

 

瀧川鯉斗の若い頃の画像!

瀧川鯉斗さんの経歴の中で
目を引くのがやはり元暴走族総長
ということですよね。

 

中学時代にサッカーにのめり込んで
いたのに、バイクに出会ってから
急に生活態度が乱れ始め、暴走族に。

 

高校に進学したものの、
上級生と喧嘩をして即日退学。

 

18歳で上京するまで、
地元の暴走族の12代目総長
をしていたんです。

 

その時の画像がこちら。

現在と違い過ぎて、同一人物だと
思えないですね(笑)

 

 

 

 

瀧川鯉斗の学歴はすごかった?

瀧川鯉斗さんは、高校時代は
丸々暴走族で、即退学だったので
進学していないようなものですよね。

 

でも実は中学時代はなかなか
すごかったみたいですよ?

 

愛知県名古屋市天白区で
育った瀧川さんは
名古屋市立八事東(やごとひがし)小学校
に通っていました。

 

ソフトボールチームや
リトルリーグに加入するなど、
野球やサッカーに夢中になっていた
幼少期でした。

 

中学校は公表されていないのですが、
小学校の学区から、
名古屋市立御幸山(みゆきやま)中学校
であると思われます。

 

サッカー部に所属し、ゴールキーパー
として活躍していました。

 

愛知県代表チームに参加したこともあり、
サッカー推薦で高校進学の可能性も
あったんです。

 

もしかしたらすでに決まっていた
のかもしれませんね?

 

でも結局生活態度が変わって
サッカー推薦での高校進学も
諦めざるを得なくなります。

 

人生初の挫折を経験する
とWikipediaに書かれて
いたんですが、生活が乱れて
不良になったんだから仕方が
ないだろうと思いましたが(笑)

 

生活が荒れながらもサッカーは
続けたかったのかな?

 

思春期ということもあったん
でしょうね。

 

もしサッカー推薦で高校に
進学していたら、全然違った
人生を歩んでいたことでしょう。

 

サッカー少年がサッカー一本で
勝負していたらどうなっていたのかも
気になるけど、どこかのタイミングで
挫折はしていたかも?

 

「元暴走族が落語家」という方が
インパクトは強いので、確実に
おもしろい人生にはなっていると
思いますね!