10万円給付 大阪市 いつ

コロナウイルスの感染拡大を受けて
特別定額給付金として10万円が
国民に給付されることになりました。

 

コロナウイルスで大きな影響を受け、
収入が減った人、学校が休校になり、
食費など出費が増えた人、

色々な人がお金に困っているので、
一人あたり10万円の給付はすぐにでも
欲しいですよね…

 

申請や給付の時期は自治体に
よって違うということなので、
大阪市の場合を調べてみました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

10万円給付は大阪市はいつから?

自治体によって対応が違うので、
すでに4月中に給付が始まった
ところもあり驚きました!

 

北海道東川町では、町から
一旦、住民に10万円が給付され、
改めて国からの10万円給付が
始まった時にそれを使って町に
返済するという形で

すでに10万円を手にすることが
できているとのこと。

 

素晴らしいシステムですね!

 

まぁでも、大都市でこれを
するとなると莫大な予算が
必要になるので、人口が
少ないからこそできる仕組み
でもあるのかなと思います。

 

 

10万円給付の申請方法は?

10万円給付を受けるには
こちらから申請をしなくては
いけません。

 

申請方法にはオンラインと
郵送があります。

 

オンラインはマイナンバーカード
(通知カードは不可)を所持している
方のみ利用できます。

 

マイナンバーカードを持っている人は
かなり少ないと言われているので、
多くの方が郵送での申請になりますね。

 

郵送で申請するには、市町村から
送られてくる申請書に振込先口座や
世帯主、同一世帯の住民の名前などを
記入し、返送することになります。

 

返送してから口座に入金される
という感じですね。

 

うーん、まだまだ時間が
かかりそうな予感。

 

人口が多いところはかなり
手間取るのではないでしょうか?

 

 

大阪市の10万円給付はいつから?

松井市長は市民からの
ツイートに答える形で
次のように述べています。

具体的な日程に関しては
郵送での申請書が送られて
くるのが5月22日、

オンラインの受付は
5月18日までに開始する

とのことです。

 

仕方のない部分はありますが、
それにしてももう少し早く
手続きできないものでしょうか?

 

きっと、国の発表でも、5月から
というキーワードを聞いていたので
多くの方が5月中にもらえると
思っていたんじゃないかと思います。

 

5月末に申請書が届くとなると
実際に10万円が手元に届くのは
6月ということになりますね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

大阪市の10万円給付は6月支給は遅い!

郵送の申請は5月22日に始まり、
振り込み開始が6月中旬、

オンラインは5月18日までに開始し、
振り込み開始が6月上旬

というのが大阪市の予定に
なっています。

 

4月後半の大阪市と言えば、
休業要請に従わないパチンコ店の
話題で持ちきりだったような印象
でしたが、

それよりも10万円給付を
もっと先に進めて!という
市民の声もあります。

 

 

切羽詰まった市民の生活を
少しでも早く支援して欲しい
というのもわかるけど、

感染者を増やさないというのも
大事な点ですからね。

 

正直、私もパチンコ屋なんて
相手にせずに、感染したい人は
したら良いと思いますが、

そういう人がウイルスを
ばらまくというのも迷惑な話で。

 

それにしてもやっぱり6月給付は
遅いなぁと感じてしまいますね。

 

ただ、大阪市は3ヶ月の水道料金
無償化を発表したり、大阪府で
デリバリーサービスの500円
還元など、色々な支援策を打ち出して
くれてはいます。

 

今後も10万円給付までの繋ぎで
色々な支援をしてくれることを
願って待つしかありませんね。

 

自治体ごとで本当に支援の
内容は様々なので、
都道府県知事や市長の手腕が
試されてるなーとも客観的に
思ったりもしますねー

 

【スポンサードリンク】