マスク配布 愛知県

2020年3月5日から、北海道の
一部の地域で政府からの
マスク配布』が始まりました。

 

特に感染が拡大している地域や
人口に対する感染率が高い地域が
優先されたとのことですが、
今回気になったのは愛知県。

 

愛知県は北海道に次ぐ
感染者数となっており、
3月7日には死者も確認
されています。

 

次にマスク配布が行われるのあ
愛知県になるのでは?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

愛知県のマスク配布方法はどうやって何枚?

3月に入り、政府がコロナウイルスの
感染が拡大している北海道の北見市と
中富良野町にマスク配布を発表しました。

 

なぜその地域が優先されたのか?

 

まずピンポイントで感染者が
多かったことや、町の人口に
対して感染者の割合が高かった
ことが理由のようですね。

 

3月9日現在、
愛知県は北海道に続く
感染者数になっていて、
8〜9割が名古屋市です。

 

愛知県でマスク配布が始まる
となれば名古屋市で主に
配布されることになるでしょう。

 

北海道の事例で言うと
配布方法は郵送になります。

 

でも、北海道の場合は
北見市と中富良野町合わせて
約6万世帯。

 

名古屋は約112万世帯(笑)

 

ただでさえ、マスクの確保が
難しく、予定では1世帯40枚
でしたが、7枚しか配られなかった
ということがありました。

 

確保出来次第、追加で配布される
そうなんですが、その北海道の
事例を考えると、名古屋に配布する
というのは現実的ではないかも
しれませんね…

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

名古屋のマスク配布はいつから?

まだ北海道のマスク配布が
始まったばかりで、しかも
十分に配布できるマスクの数を
確保できていない状況なので

他の地域に配布というのは
まだしばらく先かもしれません。

 

ただでさえ、マスク不足の中で
政府がマスクを買い取ったりして
いるので、一般市民に回ってくる
マスクも少なくなっているだろうに。

 

そこで人口の多い都市に配布となると
一体いつまでマスク不足が続くのか
想像もつきません(笑)

 

確かに、人口密度を考えると
感染がもっと広がる可能性も
考えられますもんね。

 

それを食い止めるための
マスク配布でもあると
思うので、名古屋はマスク配布が
優先されるべき地域であるとは
思いました。

 

マスク配布の情報があれば
また追記したいと思います。

【スポンサードリンク】