フライドポテトバーガー 日本 いつ

ニュージーランドのバーガーキングで
フライドポテトバーガー』が発売され
日本でも話題になっています!

 

フライドポテトバーガーとは
名前の通りの商品で、
ハンバーガーのバンズに
フライドポテトを挟んだ
というもの。

 

日本でも販売が開始されたら
売れるんでしょうか?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

フライドポテトバーガーの日本発売はいつ?

見たままのフライドポテトバーガー(笑)

 

ニュージーランドのバーガーキングでは
“チップ・バティ”という商品名で
販売されています。

 

バンズの間に挟まれているのは
マヨネーズとケチャップ付きの
フライドポテト。

 

価格は2NZ(ニュージーランド)ドル
で日本円で約140円とのことです。

 

バーガーキングの普通の
ハンバーガーが200円なので
パティの代わりにフライドポテト
と考えると、価格的にはそんなもん?(笑)

 

バーガーキングのフレンチフライの
Sサイズが150円なので、そう考えると
フライドポテトバーガーの方がお得にも
思えてしまいますね…

 

現在のところは日本での販売は
明らかになっていませんが、

話題性はかなりあって、
食べてみたい!というコメントも
SNSではたくさん上がっているので
日本での発売も期待できるかな?

 

若い方が気軽に買える価格
になるとしたら、ゴールデンウィークや
夏休みなどの連休前ぐらいから
発売されるとかなり売れそうな
気はしますね!

 

日本での販売情報があれば
こちらでまた追記します。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

フライドポテトバーガーのカロリーと炭水化物量がヤバイw

フライドポテトバーガーなんて
バンズとポテトで炭水化物
ばっかりじゃないか!という
コメントも多数見られました。

 

確かに、肉もレタスも入っていないので
何の栄養もない気がしますね。

 

ひたすら炭水化物。

 

フライドポテトバーガーが
発売されるとなるとカロリーは
どのくらいになるでしょうか?

 

バンズだけのカロリーは
残念ながらわかりませんでしたが、
市販で売られているパンメーカーの
バンズをチェックしてみると、
大体140kcal前後くらい
炭水化物量は25gくらいです。

 

バーガーキングのフレンチフライSの
カロリーが216kcal、
炭水化物量が29gなので、

単純に350kcalは超えてくる
感じですね。

 

フレンチフライのSの量ほども
入っているのかは不明ですが。

 

これにプラス、味付けの
マヨネーズやケチャップが
入ってきます。

 

バーガーキングの普通の
ハンバーガーのカロリーは
311kcalなので、
パティがフレンチフライになった
と考えるとそんなもん?

 

でも炭水化物量を比べてみると
ハンバーガーの30gに対し、

大体のバンズの炭水化物量と
フレンチフライの炭水化物量を
足すと50gは超えてくるんですよね(笑)

 

やっぱりフライドポテトバーガーは
炭水化物バーガーなんですね。

 

ちなみに、炭水化物祭りの
ハンバーガーとして話題の
マクドナルドのグラコロは
400kcalを超えています。

 

グラコロはグラタンコロッケに
含まれる、ホワイトソースから
マカロニから、パン粉まで
全て炭水化物ですからね。

 

実はすごい炭水化物バーガー。

 

グラコロと比べると、
フライドポテトバーガーは
だいぶとクオリティーが下がって
しまう気がしますが(笑)

 

日本でも発売されたらさらに
話題になりそうですが、
やっぱり日本よりもジャンキーな
国だからこそウケるのかな、
なんてことも思いました。

 

【スポンサードリンク】