鍵山優真の父の病気は脳梗塞?杖を持っている理由は?

鍵山優真 父 病気



2019年12月22日に行われた
全日本フィギュア2019で
ジュニアの『鍵山優真』選手が
3位に輝きました!

 

 

全日本選手権でのジュニアの
表彰台は5年ぶり。
その5年前にジュニアで表彰台に
昇ったのが今回優勝した宇野昌磨
選手なんです♪

 

 

鍵山優真選手の表彰台が
確定した時にはお父さんの
正和さんがすごく驚きの表情を
見せていたのがおもしろかったです(笑)

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

鍵山優真の父の病気は脳梗塞?

 

鍵山優真選手は現在
2003年5月5日生まれの
現在16歳です。

 

 

お父さんの鍵山正和さんは
全日本フィギュアで1991年から
3連覇を成し遂げたすごい選手
だったんです。

 

 

本田武史さんが活躍する前に
日本男子フィギュアを引っ張ってきた
存在でした。

 

 

現在は鍵山優真選手のコーチ
を務めているんですが、
2018年の全日本フィギュアでは
鍵山選手に帯同していなかったん
ですよね?

 

 

コーチだと思っていたけど
何でかな?と気にはなって
いたんです。

 

 

それが今回、解説の中で
「去年はお父さんが体調不良で
会場に来ていなかった」
なんていう話が出ていました。

 

 

その体調不良が脳卒中(脳梗塞や
脳出血)なのでは?と言われて
いるんです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

鍵山優真の父が杖を持っている理由は?

全日本フィギュア2019で
鍵山優真選手がフリーを
ノーミスで滑りきり、

 

キスアンドクライにお父さんと
一緒に向かう様子がテレビに
映っていたんですが、

 

その時にお父さんは杖をついて
いたんですよね。

 

 

鍵山選手とハイタッチをするのも
握手をするのも右手でした。

 

 

左手は拳を握るように
固まっていた感じ。

 

 

歩き方も左足を引きずっている
感じだったので、左片麻痺のようです。

 

 

片側に麻痺が残るということは
脳梗塞や脳出血の可能性が
高いと考えられます。

 

 

結構麻痺が残ってるみたいなので
軽くはなかったのかなぁ。

 

 

インタビューには答えて
おられたので、言語麻痺などは
なかったようで安心ですが。

 

 

そんなお父さんのことがあっての
今回の全日本フィギュアは
余計に鍵山選手の表彰台は
涙なしでは見られないですよね!

 

 

きっと、去年一年間は
鍵山選手も辛かったんだと
思います。

 

 

でも全日本フィギュア2018では
中学生ながら6位入賞という
素晴らしい成績を残し、

 

その1年後にお父さんに
銅メダルをプレゼントする
ことになるとは。

 

 

宇野昌磨選手、羽生結弦選手の
演技を残した時点で1位だった
鍵山選手。

 

 

表彰台が確定したことを
知ったお父さんの顔が
忘れられません(笑)

 

 

開いた口が塞がらない
という感じでしたよね(笑)

 

 

 

しかも、鍵山選手が今回
フリーで滑った曲、タッカーは
お父さんが全日本フィギュアで
初めて表彰台に乗った時の曲
でもあったそうなんですよ!

 

 

全日本フィギュアでの初表彰台の
曲が同じだなんて!

 

 

あーもうこの親子ホント
これからも見逃せませんよね。

 

 

来シーズンはシニアに上がって
くるかな?

 

 

お父さんとの二人三脚で
憧れの宇野昌磨選手と
また同じ表彰台に乗れるように
頑張ってほしいですね♪

 

 

鍵山優真選手について、
詳しくはこちらの記事から
どうぞ♪

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ