ダブルベッド(TBS)の中国人女性とガッキーを画像比較!日本語がかわいい!

ダブルベッド tbs 中国人女性



2019年10月から始まった
TBSのドラマティックドキュメンタリー
ダブルベッド SEVEN DAYS LOVER』。

 

 

初対面の男女二人が7日間、
同棲生活を送り、その様子を
見届ける、という番組です。

 

 

初回の主人公となったのは
男性は犬飼貴丈さん。

 

 

ジュノンボーイで仮面ライダー、
朝ドラでも活躍し、大人気俳優
のお相手とは一体!?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ダブルベッド(TBS)の中国人女性とガッキーを画像比較!

犬飼貴丈さんが7日間
一緒に暮らすことになった
女性は中国人のタレント
ロンモンロウさん。

 

 

1995年7月31日生まれの
現在24歳です。

 

 

栗子という愛称で
2017年頃から日本でも
注目され始めました。

 

 

栗子は、小栗旬さんのファンで
あったことが由来となっていて、
ロンモンロウさん自身も元々
日本に興味を持っていたんですね。

 

 

日本で注目された理由は
やっぱり新垣結衣さんに似ている
というところからではないでしょうか!

 

 

中国のガッキーと言われていて
新垣結衣さんが出演していた
ドラマ“逃げるは恥だが役に立つ”
の主題歌で話題になった恋ダンスを
踊っている動画なんかもアップ
されましたね。

 

 

現在は削除されているので
見ることができません。

 

 

私は当時アップされていたものを
チェックしていたんですが、
すごく短い動画で、
「夫婦を超えてゆけ〜」の部分だけ
やっていたかな?

 

 

見た目はとりあえず新垣結衣さんに
似ていてめちゃめちゃかわいかったです♪

 

 

注目され始めてから数年
経っているので、メイクとか
印象も変わってガッキー似
と言われることも少なくなって
きたんじゃないかなーと思ったん
ですが、

 

久しぶりにダブルベッドで
ロンモンロウさんを拝見して
やっぱり似てるなーと思いました!

 

 

本人はすっぴんを恥ずかしがって
いましたが、すっぴんも全然かわいいし、
すっぴんはそこまでガッキーに似ている
感じはしなかったですが

 

ふとした時にめっちゃ似てる!
ってやっぱり思いましたね!

 

 

ということで画像比較
してみました!

 

ロンモンロウ 新垣結衣

左がロンモンロウさん
右が新垣結衣さん

 

 

似てますよねー
でも、ロンモンロウさんがガッキーを
超えるガッキーみたいに言われたりも
していますが、私はそれはないかなー
と思いました(笑)

 

 

ガッキーはガッキーで本人が
一番かわいい!

 

 

いくら似てるという芸能人が
現れたって、ガッキーは一番
かわいいと思います!

 

 

ロンモンロウさんもかわいいん
ですけどね?

 

 

透明感とか、やっぱり本物には
負けるかな?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ロンモンロウの日本語がかわいい!

ロンモンロウさんはダブルベッドで
話すカタコトの日本語がかわいい!
とも話題になっていますね。

 

 

日本に来て数年であれだけ
喋れたら本当にすごい。

 

 

なので、逆に日本語が
ペラペラになっちゃったら
かわいさがなくなってしまう
かもしれませんね(笑)

 

 

ダブルベッドでは寝室には
ダブルベッドが一つしかなく、
同じベッドで一緒に寝るというのも
ルールになっています。

 

 

ロンモンロウさんは初日
かなり照れていましたよね。

 

 

その照れた様子をうまく
日本語で表現できない感じとか、
マジで照れててかわいい(笑)

 

 

普通に犬飼貴丈さんに
恋しちゃうんじゃないかと
思うぐらい。

 

 

ちょっとおぼこい感じがするので
色々なことを真に受けて
本気になっちゃわないかが
心配です(笑)

 

 

だって、手編みのマフラーを
プレゼントしようとするぐらい
ですからね?

 

 

私は正直、恋人でもないのに
手編みのマフラーって
ちょっと重たくない?
手編みのマフラーを贈るって
ひと昔前?みたいな感じの
印象を受けたんですが、

 

編んでいる姿は確かにかわいい…

 

 

しかも、「レインボーブリッジ封鎖できません」
って編みながら言う練習してるのとか
ずるいなーと思いました(笑)

 

 

7日間の同棲生活が終わってから
二人の関係はどうなっているん
でしょうか?

 

 

ダブルベッドの番組内で流れる
挿入歌もチェックしてみました!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ