台風19号2019のヨーロッパの最新進路予想は?大阪直撃や上陸はいつ?

台風19号 2019 ヨーロッパ



2019年10月6日午前3時に
南鳥島近海にあった熱帯低気圧が
台風19号』になりました。

 

 

10月に入ってもまだ台風が
発生しますね。

 

 

これで最後にしてくれ!と思いますが
どうやら台風19号、かなり大型で
強い台風になりそう…

 

 

進路が気になりますね。
こまめに情報をチェックして
随時更新していきます!

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風19号2019のヨーロッパの最新進路予想は?

台風19号(10日15時現在)
名称:ハギビス
現在地:父島の南西約410km
進行方向:北
速さ:20km/h
中心気圧:915hPa
中心付近の最大風速:55m/s
最大瞬間風速:75m/s

 

 

台風発生から一日半経った頃から
かなり勢力が増しています。

 

 

海面温度が高いため、
台風の中心気圧は下がる一方。

 

 

9日には中心気圧が900hPa近く
にまで下がると予想されています。

 

 

900hPaは年に1,2度あるか
どうかというぐらいの下がり具合
だそうですよ。

 

 

今年一番勢力が強い台風に
なると言われているので
警戒が必要です。

 

 

台風発生時からヨーロッパの
最新進路予想をチェックして
いるんですが、当初よりも
本州に近づくスピードが速く
なっているようです。

 

 

12日には、発生直後は
沖縄県の東側までしか達していない予想で
そこからどんどん変わっていき、
四国の南だったのが、
最新の情報ではすでに東海地方
近づいています。

 

 

ただ、少し台風自体が
南を通る感じになっているので
少〜し日本からは離れたような…

 

台風19号 2019 ヨーロッパ 12日

 

でも、見るからにデカイですね。
日本から少し離れても広い範囲で
雨風が強くなるでしょう。

 

 

そして13日には東北地方へ。

台風19号 2019 ヨーロッパ 13日

 

台風のスピードが当初の予想
よりも速くなっているので、
12日〜13日にかけて各地で
影響があると思われていましたが、

 

11日から影響を受ける地域も
出てきそうです。

 

 

早めの対策が必要。

 

 

しかも、四国や関西地方に最も
近づいて直撃、上陸の予想も
出ていたのが、東海、関東地方を
直撃する可能性が高くなっています。

 

 

台風が東に進路を変えると
2019年9月の台風15号と
同じような進路を取ると言われて
いるので、千葉県を始め、関東地方に
再び大きな影響を与えそうです。

 

 

台風15号よりも今回の方が
勢力が増している、とも言われて
いるので、さらなる警戒が必要ですね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風19号2019の大阪直撃や上陸はいつ?

さて、気になるのは上陸するのは
どこか?台風直撃は?
ということですよね。

 

 

最初は、高知県、徳島県、香川県、
近畿地方辺りが一番危ないん
じゃないかなと思っていたんですが、

 

だんだんと東寄りに進路を
変えているため、太平洋側の
地域に大きな影響が出そう。

 

 

近畿地方に直撃や上陸の可能性は
低いかもしれませんが、
11日の夜から12日
にかけてが一番大荒れの天気に
なるようです。

 

 

台風の進路から離れていても、
本州には925hPaの強い勢力を
持った状態で近づくと予想されて
いるので、各地で雨風が強くなる
恐れがあります。

 

 

12日、13日はラグビー
ワールドカップの試合が
日本各地で行われますね。

 

 

12日には愛知、神奈川、福岡で、
13日には岩手、大阪、熊本、神奈川
で行われる予定で、

 

13日は大丈夫な気がしますが、
12日の開催が危ない感じに
なってきましたね。

 

 

13日の日本対スコットランドは
無事に開催されそう?

 

 

こちらの記事で詳しく情報を
まとめているのでチェックして
みてください。

 

 

引き続き、台風の進路については
こまめにチェックしていきたいと
思います。

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ