バンプのライブ2019京セラ大阪のセトリがスペシャル!?感想まとめ!

バンプオブチキン ライブ 2019 大阪 セトリ



BUMP OF CHICKEN』の
ライブツアー“aurora ark”
が2019年7月12日の埼玉県から
スタートしました!

 

 

今回は私が実際に参戦した
2019年9月11日の京セラドーム大阪
1日目のセトリや感想について
書いていきたいと思います!

 

 

私にとっては15年ぶりとなる
バンプオブチキンのライブでした(笑)

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

バンプのライブ2019京セラ大阪のセトリがスペシャル!?

この投稿をInstagramで見る

Thank you Osaka! #auroraark Photo by @yoshiharuota

BUMP OF CHICKEN Official Instaさん(@bumpofchickenofficial)がシェアした投稿 –

私は元々、今回のツアーには
行く予定はなく、チケットは
取っていませんでした。

 

 

でも、バンプがドームって、
そんなに席埋まるのかな?
と正直思っていて

 

半年ぐらい前から
絶対に当日でもチケット
交渉したら行ける!
と思い、予定だけは
チェックしていました(笑)

 

 

案の定、かなりチケットは
余っていたようで、Twitterで
同行者募集や譲りますが
たくさんありましたね。

 

 

私は無事にチケットをゲットでき、
かなり久しぶりのバンプのライブに
参戦することができました。

 

 

京セラドーム大阪1日目の
セットリストはこんな感じ。

 

 

aurora arc
Aurora
虹を待つ人
天体観測
月虹
プラネタリウム
Butterfly
記念撮影
話がしたいよ
ダイヤモンド
リボン
aurora arc
望遠のマーチ
アリア
Spica
ray
新世界
supernova
流れ星の正体

【アンコール】
リトルブレイバー
メーデー

 

 

実は私はバンプをめちゃめちゃ
聴いてたのって、アルバムだと
“ユグドラシル”までなんですよね(笑)

 

 

ギリギリ、プラネタリウムやカルマ
辺りは知っていて、メーデーや
花の名辺りは何となく…ぐらい。

 

 

という感じで初期バンプが
大好きでした。

 

 

今回のツアーのアルバムも
ライブに行くと意気込んでいたので
一応聴いていて、

 

Auroraはドラマの主題歌で
良い曲だと思っていたし、
結構タイアップで聴いたことが
ある曲も多くて聴きやすいアルバム
だとは思っていました。

 

 

でも、実際にライブで聴いてみると
3曲ぐらい同じ曲に聞こえてしまった(笑)

 

 

自分の中で盛り上がったのは
やっぱり、天体観測、ダイヤモンド、
リトルブレイバーでしたね。

 

 

この3曲は前奏を聴いただけで
涙腺が緩みました。
盛り上がる曲なのに、涙が出るのは
やっぱり歳のせいでしょうか(笑)

 

 

最近の曲は、伴奏がしっかり
作られていて、豪華で色々な
音が聞こえてくるんですが、
やっぱり初期の曲はシンプルな
バンドサウンドですよね。

 

 

客席後方のステージに移動して
ダイヤモンドをやってくれた時、
メインステージよりも反響がなくなって
聴きやすかったのもあるけど、
これこれ!これがバンプ!って思いました。

 

 

さらにアンコールのリトルブレイバー
あれは完全に4人だけの音だったと思う。
アンコールで一気に初期のバンプが
甦ってきて、この曲を聴けたのが
一番嬉しかったです。

 

 

でも、周りを見ると、やたら
盛り上がっていたのは私だけ(笑)

 

 

みんな、盛り上がり方分からない?
というぐらいキョトンとしてる人もいるし
ノリが違うなって思いました(笑)
ここでも歳を感じてしまった…

 

 

まぁそんなん気にせず私は
一人で盛り上がりましたが、
ふじくんが最後に言ってくれました。

 

 

リトルブレイバーを作ったのは
10代の頃で、インディーズ時代?
デビュー直後?は、地元の千葉や
東京でライブ活動をしていたけど、
少しずつ大阪でも聴いてくれて
いる人がいるというのを聞いて、

 

たとえ5人でも10人でも、1人
だったとしても、聞いてくれるのなら
歌いに行こうと言って、当時は
誰も運転ができなかったから
友達にハイエースを運転してもらって
大阪に行ったのが、俺の初めての
大阪だった。

 

 

バンプにとって、大阪にどんな
思い出があって、どういう意味を
もって、今回の大阪1日目で
リトルブレイバーを歌ったのか
というのが知れて本当に嬉しかったです。

 

 

大阪公演までのライブの
アンコールでは、
ランプやガラスのブルースが
主に歌われていたので、
どちらかは歌ってくれると期待
していたんですが、

 

リトルブレイバーは本当に意外
だったし、思い出深いエピソードを
一緒に語ってくれたのがすごく
特別な気がしました。

 

 

さらに、私は行っていないですが、
大阪の2日目のアンコールは

 

バイバイサンキュー
ガラスのブルース

 

と、めちゃめちゃ貴重な
選曲じゃないですか!

 

 

天体観測のカップリングを
入れてくるとは!
こっちも聴きたかった!

 

 

最後にガラスのブルースで
締めるとか最高すぎ。

 

 

こんなに色々とセトリを
変えてくるというのも
珍しいですよね?

 

 

大阪以降のアンコールの
セトリもどうなるのか、
楽しみです♪

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

バンプのライブ2019京セラ大阪の感想まとめ!

セトリの話でかなり語って
しまいましたが、
私にとっては15年ぶりのバンプの
ライブで、しかも、15年前は
ライブハウスだったので、
演出は限られてるし、

 

こんな派手な演出の中で
バンプがライブをしている
ということがすごい変な感じでした(笑)

 

 

増川が花道走ってるー!
銀テとか飛ばしてるー!
PIXMOB(ザイロバンド)とか
使っちゃって、照明も豪華ー!

 

みたいに、メンバーがかっこよく
見えちゃうし、とにかく色々な
ことが新鮮でした。

 

 

でも、変わらないのは口下手なとこ(笑)
MC少なめなのは相変わらずだし、
チャマが頑張って喋ってたけど。

 

 

アンコールの時に、
チャマがグッズの売り込みを
していたのはおもしろかったですね(笑)

 

 

大阪の時にはもうだいぶ涼しく
なっていると見越して、
パーカーを作ったのに、
めっちゃ暑くて売れない!って。

 

 

うん、暑いし、にわか雨降るし、
さらに蒸し暑いし、最悪の気候
でしたね。

 

 

これから先は涼しくなってると
思うので、パーカーが売れることを
願っています(笑)

 

 

最後のふじくんのMCは、
喋り方とか、言葉の伝え方とか
あーこんな感じだったなー
変わってないなー
とやっぱり嬉しくなりました。

 

 

ライブ全体の感想としては

 

自分の中で色々新鮮に感じたのと、
変わらないバンプの姿に懐かしさが
込み上げてきて泣けた

 

簡単に言うとそんな感じ。

 

 

またバンプ熱が再来したので、
とりあえずユグドラシルまでのを
改めて聴き直して、昔に想いを
馳せたいと思います(笑)

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ