台風15号2019の米軍とヨーロッパの最新進路予想!関東直撃で上陸はどこ?

台風15号 2019 進路



台風13号が9月2日に、
台風14号が翌3日に
そして一日空いて9月5日に
台風15号』が発生しました。

 

 

9月は台風が多い時期だと
言われていますが、本当に
その通りだと思わずには
いられませんね。

 

 

局地的な雷雨や残暑にも
警戒が必要とのことです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風15号2019の米軍とヨーロッパの最新進路予想!

台風15号(7日20時現在)
名称:ファクサイ
現在地:父島の北約190km
進行方向:北西
速さ:30km/h
中心気圧:960hPa
中心付近の最大風速:40m/s
最大瞬間風速:60m/s

 

 

2日に発生した台風13号の
ヨーロッパの進路予想をチェック
している時に、あれ?関東の辺りにも
濃い緑色があるけど、何?
これも台風?
と気になっていました。

 

 

これが台風15号だったんですね!

 

 

台風14号になるのかな
と思っていたのですが、
ベトナムの東の沖合いで発生した
熱帯低気圧が先に台風14号に
変わりました。

 

 

私はずーっと、ヨーロッパやアメリカの
予想で週末に近づくと見られていた
熱帯低気圧がいつ台風になるのかと
思っていたんです。

 

 

もう週末、週明けに日本に
近づいてくるけど、早く台風に
なったってアナウンスしないと
心の準備がみんな間に合わないん
じゃない!?とソワソワ(笑)

 

 

台風15号は台風に変わってから
あまり時間をかけることなく
本州に近づいてくる予想です。

 

 

米軍の進路予想はこんな感じ。

 

台風15号 2019 米軍

 

8日の昼過ぎには静岡県の南
位置していますね。

 

 

そして急激に進路を北東に変え、
8日深夜に茨城県辺りへ、
9日昼には岩手県、宮城県の東
に抜けます。

 

 

8日の夜から9日朝にかけてが
一番関東地方に影響が
出そうですね。

 

 

ヨーロッパの進路予想も
8日に静岡県の南に位置し

台風15号 2019 ヨーロッパ 8日

 

9日には茨城県辺りに
直撃している感じです。

台風15号 2019 ヨーロッパ 9日

 

個人的には、8日に台風15号と
台風13号に本州が挟まれているのが
気になりました。

 

 

台風13号は温帯低気圧に変わっている
かもしれませんが、台風に挟まれて
秋雨前線があって、湿った空気も
流れ込んでいて、局地的な雷雨とか
ありそうな気も。

 

 

でも東海、近畿地方より
西ではとにかく暑い!

 

 

火曜日ぐらいまで
猛暑日や猛暑日一歩手前
ぐらいの気温なので、
台風の影響なのかなー
と思いました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風15号2019は関東直撃で上陸はどこ?

関東に最も近づくのは
8日以降となりそう。

 

 

台風になってからそこまで
時間をかけずに本州にやって
きそうだったので、あまり
台風自体の強さは強くならない
と思っていたのですが、

 

強くなると、強いまま
本州に近づく見込みに
なってきました…

 

 

米軍やヨーロッパの進路予想を
見る限り、静岡県、山梨県、
東京都、埼玉県、茨城県辺りに
上陸する可能性が高そう?

 

 

8日の夜から9日の朝にかけて
台風が通過していくので、
8日のお帰りはお早めに!

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ