台風6号2019の米軍とヨーロッパの最新進路予想!関東直撃の可能性!?

台風6号 2019 進路予想



日本の南にある熱帯低気圧が
台風6号』に発達し、
週末に関東に接近する恐れが
あります。

 

 

西日本では梅雨明けし、
夏本番の気候となってきている
のですが、東日本では全く
違う天候となりそうです。

 

 

週末にレジャーを予定している
方も多いと思いますが、
進路はどうなるでしょうか?

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風6号2019の米軍とヨーロッパの最新進路予想!

台風6号(26日18時現在)
名称:ナーリー
現在地:潮岬の南約220km
進行方向:北北西
速さ:20km/h
中心気圧:1000hPa
中心付近の最大風速:18m/s
最大瞬間風速:25m/s

 

 

7月26日午前中のうちに
熱帯低気圧は台風6号へ
変わりました。

 

米軍の予想は熱帯低気圧であった
25日時点の予想よりも少し西寄り
になっています。

 

台風6号 2019 米軍

 

26日の夜から27日にかけて
紀伊半島を通過するので、
近畿地方で雨風に注意が
必要です。

 

 

27日のお昼過ぎから
28日の午前中にかけて
東海、関東を通過する
予想になっていますね。

 

 

ヨーロッパの進路予想を
チェックすると、風の強さを
表す緑色があまり濃くないので
そこまで強い台風ではないと
思われます。

台風6号 2019 ヨーロッパ 26日

 

 

27日になると一番濃い緑が
北海道のところに見られますが、
台風は三重県の南の
うっすら緑色のところですね。

台風6号 2019 ヨーロッパ 27日

 

 

そして28日には千葉県辺りに
位置していますね。

台風6号 2019 ヨーロッパ 28日

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

台風6号2019が関東直撃の可能性!?

米軍でもヨーロッパでも
現在のところは東海〜関東を
横断していきそうな予想に
なっています。

 

 

一番荒れるのはやはり
27日、28日になるでしょう。

 

 

梅雨明けから夏本番となると
花火大会やお祭り、
夏フェスなどのイベントの予定も
今週末は多そうですね。

 

 

すでに中止が決まっている
イベントもあります。

 

 

2018年も台風の影響で
順延された隅田川花火大会が
今年も順延、もしくは中止の
危機になっていますね。

 

 

27日は順延となったとしても
28日の夜は大丈夫だと思うのですが…

 

 

それぞれイベントの公式
ホームページで開催状況は
チェックしてください。

 

 

楽しみな夏のイベントが
たくさんあるので、
中止となったり順延して
行けなくなったりするかも
しれませんが、

 

まずはやはり人命が大事なので
油断せずに早めに家に帰ったり
避難したり、しっかりと備えましょう。

 

 

【スポンサードリンク】




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ