コロナ 現金給付 一人暮らし

コロナウイルスの感染拡大による
経済対策として一世帯に30万円の
現金給付』が行われることが
発表されました。

 

と言っても対象者がかなり
限定されることで世間からは
非難の声しかありません…

 

対象となる人もそこまで
多くはなさそうですが、
一世帯というのが気になる
ところです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

コロナの30万円現金給付は一人暮らしが得?

現金給付については一世帯20万円
という案が最初に出ていたので、
30万円に引き上げられたことは
「お!」と思いましたが、
その期待も一瞬で疑問や非難に
変わりましたね。

 

30万円に引き上げたのは思い
切った支援が必要という首相
判断だったようですが、

その30万円をもらえるのは

(1)世帯主の2〜6月のいずれかの
月収が減り、年換算で住民税非課税の
水準になる
(2)月収が半減して非課税水準の
2倍以下となる

これらのどちらかに当てはまる
場合です。

 

これまで住民税非課税世帯の
年収は単身だとどのくらいで〜
とか色々ややこしかったのですが、

(1)の場合、減収後の月収が
単身世帯で10万円以下なら
非課税水準とみなされて
支給の対象になるとのことです。

 

ちなみに扶養親族の数が
1人増えるごとに月収の
基準額が5万円ずつ上がる
ようになっています。

 

ここまではっきりと基準額を
提示してくれるともらえるか
もらえないかがわかりやすいかな?

 

(2)の場合は単身世帯で
20万円以下が対象となります。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

コロナの30万円現金給付は学生ももらえるの?

今回の30万円の現金給付の
対象者として一番わかりやすいのは
やっぱり単身者のバイトやパートで
生計を立てているフリーターですかね?

 

私も実際飲食店で働く
フリーターみたいなもので、
2月以降はめっきりお客さんも
減り、3月に入ってからは
営業時間の短縮はしないものの、

人件費削減で
「早く上がって良いですよ」
と言われる日も多くなり、
きちんとは計算して
いませんが、明らかに
労働時間は短くなっています。

 

これは給与明細さえあれば
収入が減っていることは
わかるはず。

 

だからフリーターや学生バイトは
収入が減ったことの証明は
しやすいのかな?と思いました。

 

だから私もここでもしや
30万円もらえる?とか
ちょっと期待したんですが、

収入が半減しているか
と言われたらそこまででは
ないので、結局無理そう。

 

住民税非課税世帯になる
単身者の100万円以下に
値するかというところなら
月8万円にまで減ったとなれば
可能性はあるのかな?

 

でもそれも元々その倍以上ないと
いけないということ?

 

本当に対象となる判断基準が
厳しすぎる!

 

ちなみにわかりやすい表が
こちらです。

30万円 条件

 

もしフリーターや大学生でも
収入が半減した!という人が
いれば、気をつけないと
いけないのは世帯ですよね。

 

ちゃんと住民票を移して
一世帯になっているか?
というところ。

 

シフト減らされて給料半減
したから30万円もらえるわ!
という人も実家暮らしで扶養に
入っていたら親の年収で対象じゃ
なくなりますからね?

 

でも結局基準が厳しくて、
給料が減っていても大学生や
フリーターでも給付してもらえない
人の方が多いかもしれませんね。

 

30万円の現金給付の申請方法
などについてはこちらにまとめて
います。

 

【スポンサードリンク】