4分間のマリーゴールド2話の視聴率と感想は?スーパーのロケ地はどこ?

4分間のマリーゴールド 2話 視聴率



2019年10月期のドラマ
4分間のマリーゴールド』の
2話について書いていきたいと
思います。

 

 

悪女ではない菜々緒さんに
違和感を覚えつつも、
メイクだけでこんなにも印象が
変わるんだなーと驚いています。

 

 

それにしても美男美女の兄弟で
金曜夜の素敵な目の保養の
時間になりますね(笑)

 

 

2話では横浜流星さん演じる
藍くん回になっていますよ。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

4分間のマリーゴールド2話の視聴率と感想は?

1話の最後で、沙羅と手を合わせた
みことには、子供の頃に見た沙羅の
死の運命を改めて確認することと
なりました。

 

 

1年後の誕生日に沙羅は
亡くなってしまうのです。

 

 

その運命を再確認し動揺する
みことの様子に気づいた藍。

 

 

みことは藍に死の運命が見える
能力のことを告白するのです。

 

 

同時に藍はみことに、自分が
料理を作り始めたきっかけや
家族への想いを告げます。

 

 

2話は藍を演じる横浜流星さんが
たくさん登場する回になりそう
ですね♪

 

 

初恋のゆりゆりとはまた
違うキャラクターの高校生役で
しかも料理男子なところに
注目されていますね。

 

 

1話の視聴率は10.3%
と2桁発進で好調ですが、
2話はどうなるかな?

 

 

横浜流星さん回で上がるかな?

 

 

【追記】

2話の視聴率は7.8%
でした!

 

 

原作が漫画なので、
展開や結末を知っている
ファンもたくさんいますね。

 

 

2話は原作とは少し違う展開に
なっているようで、戸惑いの声も
上がっています。

 

 

このまま行くと、桐谷健太さん
演じる廉兄にも告げる感じに
なるのかな?

 

 

それぞれの兄弟が家族に対して
どんな想いを持っているのか
みたいなところを描いていって
兄弟の絆を深めていく、みたいな
展開になるんでしょうか。

 

 

みことは藍に、人の死の運命が
見えるということは告白しましたが
さすがに沙羅の運命を見てしまった
ことは言えなかったんですね。

 

 

でも、人間ドックを勧めたり、
外に出るたびに「気をつけて」
と言ったり、そういうみことを
見ていると、気づいてそうな気も。

 

 

藍くんとかずえちゃんとの
エピソードは良かったですね!

 

 

両親がいない中で、
身近な大人の存在って
新鮮なんだろうし、
たとえ他人でも大事に想える
存在があることって幸せですよね。

 

 

サバの味噌煮が食べたく
なりました(笑)

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

4分間のマリーゴールドのスーパーのロケ地はどこ?

料理男子、藍くんのスーパーでの
買い物シーンも萌えポイントですよね(笑)

 

 

勉強よりも姉の誕生日ケーキを
作る方が大事だという高校生。

 

 

その時点で家族への愛情の
深さを感じます。

 

 

でも友達や女の子の前では
ツンツン。

 

 

藍くんに付きまとう女の子の
存在も気になりますが、
SNSではあんなイケメンな
高校生が来るスーパーってどこ!?
レジで対応したい!
なんていうコメントが(笑)

 

 

確かに、高校生がカゴ持って
スーパーで買い物って
なかなか見ない風景ですもんね。

 

 

ロケ地になっているスーパーは
関東地方で展開している
オリンピック”というお店。

 

 

店舗は国立店ではないか?
という情報もありますが
確かではありません。

 

 

オリンピックをデイリー使い
している方はもしかしたら
撮影に出くわすかも?

 

 

閉店前から撮影準備をしている
店舗があるかもしれませんね?

 

 

過去の放送回の感想については
こちらの記事からチェック!

 

 

藍くんに付きまとう女の子に
ついてはこちらにまとめています♪

 

 

【スポンサードリンク】







コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ