ミッフィー展2015(神戸)に行った感想と混雑状況について書いてみた。



現在行われている
誕生60周年記念 ミッフィー展
に行ってきました!

 

 

2015年8月5日〜17日まで
神戸の大丸ミュージアムで
開催されています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

私は大阪の梅田大丸が
一番近いのですが、
ミッフィー展が大阪に来るのは
来年の4月…

 

 

それまで待ちきれない!
ということで神戸まで行ってきました♪

 

 

行ってみた感想を中心に
書いていきますね。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ミッフィー展2015(神戸)に行った感想と混雑状況について書いてみた。

見どころはやっぱり、
高さ180cmの真っ白なミッフィーに
日本のクリエイターがデザインを
施してある“ミッフィー・アートパレード”
ですね!

 

 

参加クリエイターは

 

大図まこと、鹿児島睦、菊地敦己、
気仙沼ニッティング&ほぼ日刊イトイ新聞、
小泉誠、合田経郎、佐野研二郎、祖父江慎、
tupera tupera、長坂常、ひびのこづえ、
福田利之、増田セバスチャン、三沢厚彦、寄藤文平

 

 

やっぱり一番目立っていたのは
増田セバスチャンの作品でしょうか。
きゃりーぱみゅぱみゅさんの
舞台監督をしているということで
かなりぱみゅぱみゅっぽい世界観が
ミッフィーちゃんにも。

 

 

個人的には気仙沼で編んだという
赤いニットを着たミッフィーちゃんが
かわいかったですね♪

 

 

耳の先までニットで覆われていて
どうやって作ったのか…
素晴らしい作品でした。

 

 

人だかりが出来ていたのは
ブルーナさんがミッフィーちゃんを
描く様子をビデオで流しつつ、
画面の横に置いてある真っ白な
ミッフィーちゃんにもブルーナさんが
書く通りに目と口が書かれていくという
映像をうまく使ったコーナーでした。

 

 

全体的には絵本の原画が飾られていて、
正直、ミッフィー展が開催されるたびに
行っている私には何度も見たことが
ある原画もたくさんあって、

 

ちょっと物足りない感じは
ありましたね。

 

 

混雑状況についてですが、
私が到着したのはオープンの30分後の
10時半でした。

 

 

平日でしたがお盆休みということもあって
結構人はいましたね。
でもそれぞれの作品を見るのに
ゆっくり見れないということは
なかったです。

 

 

でもやっぱりグッズコーナーは
混んでいた印象。
グッズはいつものミッフィー展よりは
多いと感じました。

 

 

トートバッグやTシャツの種類が
多かったかも。
ミッフィーちゃんと同じ花柄の
青いワンピースがあって、
かなり惹かれましたが
買う勇気がありませんでした(笑)

 

 

本当に展示物よりもグッズコーナー
の方が全然ゆっくり見れなかったですね。
場所自体も狭いというのがあるかも
しれませんが。

 

 

レジは10〜15分待ちぐらいでは
なかったかと思います。

 

 

グッズを見るだけでもかなり
癒されるので、来年大阪に来た時は
グッズだけでも見に…ゆっくり買いに
行きたいですね!

 

 

【スポンサードリンク】




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ