岡田みはるはどこの大学出身なの?熱愛や結婚の噂はあるのかな?生放送中の号泣理由が気になる



2015年12月1日、NHK山形放送局の
夕方の天気予報で担当の気象予報士
が突然号泣するという放送事故が
あり、話題になっています。

 

 

その気象予報士は
岡田みはる』さん。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

ニュースによると

 

「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう。
冷たい北西の風が…」と紹介したが、
画面に映ったのは新庄市。
傍らから「新庄、新庄」との
ディレクターらしき声。
「え、現在の新庄市の様子です」
と言い直した。ここで動揺したようだ。

この日の県内の最低気温を読み上げている途中、
「酒田6度1分、新庄3度9分でした…」
と完全に涙声になった。

うつむいて涙をふく姿が映し出された。
「低気圧はオホーツク海に…。グス…」。
画面は、お天気カメラが映し出す街の映像に
切り替わった。この後もすすり泣き、
予報にならなかった。

 

とのことです。

 

 

岡田みはるはどこの大学出身なの?熱愛や結婚の噂はあるのかな?
生放送中の号泣理由が気になる

 

 

ローカル番組の担当なので
岡田みはるさんがどんな方なのか
情報をまとめつつ、
今回の号泣理由の真相に迫って
みたいと思います。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

岡田みはるはどこの大学出身なの?熱愛や結婚の噂はあるのかな?

岡田みはる プロフィール

名前:岡田 みはる(おかだ みはる)
生年月日:1976年9月20日(39歳)
出身地:長野県
所属:ウェザーマップ

 

 

wikiがなかったので
簡単にプロフィールを…
と思いましたが、
情報が少なかったです。

 

 

モデル経験、女優経験が
ありますが、その頃の
プロフィールも出てこない
ですね。

 

 

ウェザーマップのプロフィールでも
生まれた年が記載されていなくて
最初は年齢がわかりませんでした。

 

 

非公開にしたい理由があるのかな?
何だか謎多き気象予報士ですねー

 

 

出身大学は

 

信州大学

早稲田大学

 

です。

 

 

信州大学を卒業した後に
早稲田大学に入学して
卒業したとのこと。

 

 

編入とかじゃなくて
2つの大学を卒業したって
すごいですね。

 

 

8年間も勉強してられません(笑)
好きじゃないとできないこと
ですよね。

 

 

何か極めたいことが
あったのかなと思いきや、
早稲田大学卒業後はモデル事務所に
所属してタレント活動をしていた
ようです。

 

 

その間にケーブルテレビで
お天気コーナーを担当したことが
きっかけで34歳の時に気象予報士の
資格を取得したんですって。

 

 

元々学ぶことは好きな方だと思うので
気象予報士はすごく向いてそう♪
頭も良いし、真面目そうやし(笑)

 

 

大学卒業後(多分27歳)〜
34歳までの活動がちょっと謎で
結婚して子育てとかしてたのかなー
とも思いましたが、
そういう情報もありませんでしたね。

 

 

現在も熱愛の噂なども
ないようです。

 

 

 

生放送中の号泣理由が気になる

さて、今回の放送事故についてですが、
ネット上では色々な噂が出てますね。

 

 

恋人が事故死したとか、
身内に不幸があったとか、
局内イジメ、パワハラ、セクハラ
なんていう意見も…

 

 

確かに、仕事には結構疲れていたようで

岡田さんはブログでも

 

週末、ぐったりしていたら、
友だちが連れ出してくれました。

それで、
次年子まで、そばを食べに音譜
行ってきました!

疲れ過ぎて、ごはんが食べられない…
と困っていたので、助かった~!

 

と書いていました。
疲れ過ぎてご飯が食べられないって…
一日だけだったら良いんですけど、
もし続いていたのならかなり
心配ですよね。

 

岡田みはる 号泣

実際の号泣動画を見ていましたが、
最初は普通に天気予報を読んでいたけど

 

途中から涙声になって…
耐えきれずに涙を拭いながら
それでも一生懸命お天気を伝えようと
しているみたいな感じでしたよ。

 

 

そりゃね、テレビに出る人間として、
気象予報士として、失格やろって
思うかもしれないですけど、

 

何かあったんやろなって
見てるこっちまで悲しくなるような
そんな感じ…

 

 

結局号泣の真相は
わかりませんでしたが、
3日間番組を休んで

 

2015年12月7日に
冒頭の謝罪とともに
復帰を表明しました。

 

 

とりあえず一安心
ですかね…

 

 

【スポンサードリンク】




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ