いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(月9)のあらすじとキャストを調べた。脚本の坂元裕二もすごい人みたい。



いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう キャスト

2016年1月から始まる
フジテレビの月9が
発表されました。

 

 

タイトルは
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

タイトルが長いので
きっと略されると思うんですけど、
何て略されるかなー?

 

 

“いつ恋”…?
略し過ぎかな(笑)

 

 

また出演者たちが
上手いこと略してくれるのを
楽しみに待ちたいと思います!

 

 

ということで、

 

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(月9)のあらすじとキャストを調べた。
脚本の坂元裕二もすごい人みたい。

 

 

まだ発表されたばかりで
情報が少ないので
随時更新していきます。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(月9)のあらすじとキャストを調べた。

現在発表されているあらすじは

 

 

杉原音(22)は母と幼い時に死に別れて以来、
養父母と暮らしていた。
夢を見ることはあきらめながらも
明るくけなげに生きている。
が、貧窮する養父母のため20歳も年上の
資産家との結婚を強いられ苦悩するように。
福島で祖父に育てられた曽田練(25)は、
いつの日か畑を買い戻し祖父と農業を営むことを
夢見て職場を転々としていた。そんなふたりが、
ある偶然から共に東京へ向かう。
が、到着するやいなや雑踏の中ではぐれてしまう。
2ヵ月後、そこには必死に働く少女の姿があった。
青年への思いを抱えながら…。
青年もまた東京で不器用に生きていた。
しかし、ふたりが出会うまでにはもう少し時間が必要で…。

 

 

というお話です。

 

 

音と練の恋の物語になるんでしょうが、
そんな簡単には二人は結ばれないよ
という感じですね(笑)

 

 

でも、
“いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう”
というタイトルにもなっている通り、

 

もしかしたら二人は結ばれないのかな?
長い年月を描いていくドラマに
なりそうな気がします。

 

 

そんなドラマの主人公、
音を演じるのは“有村架純”さん
練を演じるのが“高良健吾”さん
です。

 

 

有村さんは意外にも
民放の連ドラ初主演なんですって。

 

 

最近では映画“ビリギャル”で
一躍人気女優になりましたね。

 

 

私の中では映画“阪急電車”で
大学受験前の高校生役を演じていた
印象が強いので、
大人になったんやなーとしみじみ
感じてしまいます。。。

有村架純 阪急電車

 

この時に関西出身だということを
知って、ひそかに応援していたんですよね!

 

 

高良さんは2015年大河ドラマ
“花燃ゆ”で高杉晋作役を演じていたのが
記憶に新しくて、

 

2016年にはすでに2本の映画への
出演、公開が決まっています!

 

 

2015年夏の月9では
福士蒼汰さんと本田翼さんの
主演でちょっと若過ぎるような
物足りなさがあったのですが、

 

有村さん、高良さんは
どう評価されるでしょうか?

 

 

【追加キャスト発表!】

 

 

高良さん演じる練の恋人役に
高畑充希さん、

練の悪友に坂口健太郎さん、

練に好意を寄せる後輩に
森川葵さん、

有村さん演じる音に好意を
寄せる役には西島隆弘さん

 

がそれぞれ決定しました。

 

 

2016年4月にスタートする
朝ドラ“とと姉ちゃん”で
すでに共演が決まっている
高畑さんと坂口さんに
注目が集まっていますが、

 

私の注目は森川葵さん!
イオンウォーターのCMや
ドラマ“She”、“表参道高校合唱部!”
で大好きになった女優さんです♪

 

 

もう月9で見られるなんて!
応援している女優さんの出世は
嬉しいものですねー

 

 

 

脚本の坂元裕二もすごい人みたい。

今回の月9で注目されるのは
主演の二人だけではありません!

 

 

脚本家の“坂元裕二”さんにも
かなりの期待がかかっている
ようですよ。

坂元裕二 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

 

何せあの月9と言えば…の
“東京ラブストーリー”の
脚本を手掛けた方ですから。

 

 

昔のヒットドラマを手掛け
時代を超えて現代の
ラブストーリーを描く…

 

 

なんて、現在放送されている
“オトナ女子”に出てくる
江口洋介さんの役どころのような
感じもしました(笑)

 

 

まぁ江口さん演じる高山さんは
現在は売れない脚本家になってますけどね。

 

 

坂元さんは“Mother”や“最高の離婚”などで
脚本を担当し、ヒット作を生み出しているので
今度の月9も楽しみにしている方が
多いのではないかなと思います。

 

 

若者だけじゃなく、大人も楽しめる
月9を期待しています!

 

 

【スポンサードリンク】




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ